特別な布の使用

一回の苦労を減らそう

お掃除が苦手な人にとってはもちろん、好きな人でも構えてしまうのが、「換気扇の掃除」ではないでしょうか。換気扇といえば、頑固な油汚れをイメージしてしまい、どうしても億劫になってしまいがちですね。 けれど、ここでは発想の転換をしましょう。ついつい長らく放置してしまうから、油汚れが固着しどんどん落としにくくなってしまうのだから、逆にこまめに掃除さえすれば、一回の作業はさほど大変なものではなくなります。浸け置きするほどの汚れでなければ、換気扇をいちいち分解せずとも、雑巾などで拭くだけで綺麗に掃除できるのでおすすめです。 最近は、様々な住宅用洗剤が市販されていますし、ナチュラル洗剤としてセスキ炭酸ソーダなども注目されています。お気に入りの洗剤を見つけることも、換気扇掃除を気軽にしやすくするポイントなので、探してみてはいかがでしょうか。

手強い換気扇の汚れを掃除するには

家庭の汚れの中でも落ちにくく、またお手入れ自体が大変なのが換気扇の掃除です。毎日の油汚れが堆積し、ベトベトとしてなかなか落ちにくいのですが、換気扇掃除にはコツがあります。 まずは掃除がしやすいようにフードや羽根をできるだけ取り外します。油汚れは日が経つにつれ硬くなるので、あらかじめ削り落とせそうな部分は、部品に傷をつけない程度に削り落とします。次に洗剤をつけて洗うのですが、その前にキッチンペーパーに洗剤を含ませて軽く密着させます。 いわば洗剤でパックして、汚れ自体を柔らかく浮き上がらせるのが換気扇の汚れを落としやすくするコツです。また、拭き取る際にもマイクロファイバーのクロスを使うと、細かい繊維が汚れをガッチリと掴み取り、普通の雑巾よりも軽い力で汚れを落とせます。 換気扇掃除を楽にする一番の秘訣は、汚れがこびりつかない前にマメに掃除することです。約3ヶ月に一回の定期的な掃除で、常に綺麗な換気扇を保てます。