電気工事が行われる

電気工事が行われる場合のお知らせ

電気工事が行われる場合には、事前に電気工事を担当される方から、各家庭にお知らせなどがされます。 その場合には、「何月何日の何時から何時まで」のようにお知らせの紙が配られることもあり、事前にその日は電気が使えなくなるということを知ることができます。 電気工事が行われる時間についてですが、昼間に工事を行う会社さんなどが多くあります。 家の近くで工事が行われる場合には、電気が使えないことに備えて、その間は外出などをして家にいないようにする人もいます。 電気工事については、早ければ5時間ほどで終わることもあり、あまり長い時間がかからないことがあります。 外では、電柱などを管理している工事担当の方が検査なども行っています。

電気工事の作業は高い場所で行う

電気工事の作業は高い場所で行われています。 電気工事の現場を見ると、作業員さんが、とても高い場所にのぼって作業をしている様子が分かります。 作業については、2人から3人で電柱などの点検などを行っていることがあり、電柱などのとても高い場所での作業が日常としておこなわれています。 作業については、迅速に電気工事が行われるように、指示がされることもあり、忙しく作業が行われていることもあります。 また、天気の良い日だけでなく天気の悪い雪の日などにも作業が行われることがあるようです。 その場合には寒い中での作業となるため、とても大変な様子に見えます。 作業の間は交通規制がとられることなどもあります。安全に作業を行うためです。